Indonesia's Economy

インドネシア経済成長の秘密

Republic of Indonesia
面積約 192万 ㎢(日本の約5倍)
人口約 2.69億人(世界第4位)
首都ジャカルタ(人口1,037万人)
通貨ルピア 1円=135.52IDR ※8/25

人口は経済発展に必要不可欠

Japan’s Average Age:
45.9 Years Old

Indonesia’s Average Age:
27.8 Years Old

人口ボーナス期とは人口割合における生産年齢人口が多いことで、高齢者より若者が多く、扶養負担も軽い時期。

インドネシア自体は圧倒的な人口と人口ボーナス期に投入したことで経済が安定的に成長 し10年間のGDP成長率の平均は5.5%を越え、20年間で国民総生産は10倍以上に増加した。インドネシアは今まさに経済成長の途中にあります。2014年に大統領に就任したジョコ ウィドド大統領によりインフラ投資と法令整備が急速に進められ一気に経済成長の土台が作 られた。2019年には再選を果たしたことで、さらなる発展の兆しが見え始めている。

インドネシアは今まさに高度経済成長期からバブルへ突入時期に来ている。実際に上図のとおりGDPの成長ベースが日本の高度経済成長期と重なる。インドネシアの株式平均が700円となっており、日経平均23000円(2020.1月数値)と比べても約32倍のポテンシャルを秘めている。実際に中国の経済成長でGDP推移は30年間で37 倍以上に伸びた歴史がある。有名な話でソフトバンクの孫氏が中国が発展途上のタイミングでアリババの株を20億投資し14年後の上場時には約8兆円の含み益を出した。その孫正義氏が次に狙っている国こそが「インドネシア」なのである。インドネシアの経済成長はまさに今、同じ運命を辿ろうとしている。

2018年では国際的なスポーツの祭典「アジア競技 大会」がジャカルタで開催。そして同年10月11日~ 14日にかけて、インドネシア・バリにて、G20・IMFC・世銀IMF合同開発委員会(DC)等の国際会議が開 催された。大きな国際的なイベントを開催できるほどに 国際社会から認められる存在となった。経済的にも世界の中心となる日がIMFが発表したGDPの成長予測では2030年には世界第5位に。そして2050年にはなんと日本を抜いて世界第4位までに成長すると予測されている。これは 2019年ブルームバーグでも同様の発表がされたが、その予測ではさらに早いス ピードでインドネシアが成長していることが伝えられた。

インドネシアは経済成長の加速を目指す中で、25の空港や新たな発電所の建設など巨額の野心的なプロジェクト計画を策定。

2020年-24年の間に過去最高となる

5957兆ルピア

(約45兆1500億円)

の投資が必要と国家会は企画庁長官が述べた

総額の最大40%は政府が直接支出し、25%は国営企業から、残りが民間部門からの資金で賄われるという。ブルームバーグが閲覧し同庁が確認した計画の草案によると、支出の約60%は輸送関連のインフラ整備に充てられる。

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が、インドネシアの首都移転計画を検討する審議会の委員に2020年1月17日に任命された。 トニー・ブレア元英首相、アラブ首長国連邦アブダビ首長国のムハン マド皇太子とともに選ばれた。国際的に知名度の高い経営者や政治 家を招き、世界各国からの新首都開発への投資を呼び込む狙いだ。 インドネシアのジョコ政権は2019年、首都を現在のジャカルタからボルネオ(カリマンタン)島東部に移転することを決めた。移転には3兆円規模の資金が必要で、インドネシア政府は海外からの 投資に期待している。現地の一部報道では、ソフトバンクGは新首都に10兆円規模の巨額投資を表明すると伝えられた。

首都移転計画が決定され、45兆円のインフラ投資も正式発表された。そしてその成長を発表する場として、世界最大のイベント「夏季オリンピック」への立候補。まさに東南アジア初となるオリンピック開催をきっかけに日本が1960年代に辿った高度経済成長期を経験しバブルに突入する準備ができたと言える。

BANK ACCOUNT MERITS

近年、海外銀行口座開設が難しくなってきておりますが、弊社では日本語対応のスタッフが同席し、OCBC NISP銀行口座開設を行っております。OCBC NISP銀行はインドネシアに4番目に古い銀行で1941年4月に設立されました。インドネシアでは8番目に資産規模を誇る銀行であり全国に337の支店とオフィス、780のATMを持っています。親会社のOCBC銀行はシンガポール三大銀行の一つで、米金融ビジネス誌グローバル・ファイナンスの世界で最も安全な50銀行」ランキングで世界13位にランクインしております。

預金金利が日本よりも高く、日本の大手銀行の定期預金金利は0.002%と比べ、インドネシアの大手銀行では約5%となっています。金利で効率よく増やすことが可能となります。

OCVBC銀行に利用可能な12通貨。口座開設時から日本円で入出金が可能。為替レートを見ながらご自身の好きなタイミングで他通貨へ換金が可能となります。アプリ上の換金レートはFXレートのため、銀行レートや街中の換金レートよりもいいレートで換金が可能。

OCBC NISPが力を入れているのがインターネットバンキングです。非常に簡単な操作性となっておりますので誰でも使いこなせるのがポイントです。日本国内にいながら普通預金から定期預金への変更も可能で、通貨のエクスチェンジも行えるので非常に便利。

インドネシアの大手銀行はペイオフという補償がついております。日本の銀行では1000万円の補償が基本ですが、インドネシアの銀行は約1500万円まで補償されますので非常に安心です。注意点は銀行口座の残高が10万ルピア(約800円)以下になってから1年以上動かさない場合はロックがかかりますので、口座は動かしておくことが重要です。動かし方も簡単で普通預金を定期預金に入れ変えたり、定期預金の金利を普通預金に自動入金させるだけでロックは回避されます。また日本で使いたいときも デビットカード機能 を使うことで、日本のセブンイレブンなどのコンビニATMで現金を引き出すことができます。手数料も数百円となっております。引き出し金額は1日最大10万円となっております。

1952年にジャカルタ取引所が初めて開設された。1960年にオランダ企業の株式取引が全面的に禁止されたが、1977年に外国籍企業を強制的に上場させることで再開。その後、1993年に証券決済機関が設立、1995年には株式市場のインフラが整備された。2007年にはジャカルタ取引所とスラバヤ取引所が合併し、現在の「インドネシア証券取引所(Indonesia Stock Exchange: IDX)」が誕生した。

新興国ならではの成長性

人口増加による経済成長

少額からの投資が可能
配当利回りの高い銘柄が多数

優良な企業に投資が可能

アプリで簡単にインドネシアで上場している600社以上の会社の銘柄の購入が可能です。

取引時間
月~ 金(日本が祝日でもインドネシアが平日であれば取引可能)
午前: 09.00. – 11.30. ジャカルタ時間
午後: 13.30. – 15.00. ジャカルタ時間

新興国ならではの成長性
ASEAN諸国の中でも中心のインドネシアは急速な成長を続けている。人口増加による経済成長豊富で若い労働力がインドネシアの成長を牽引しています。インドネシアの人口は今後も拡大していきます。配当利回りの高い銘柄が多いキャピタルゲイン(値上がり益)だけでなく、インカムゲイン(配当収入) も期待できます。インドネシアの優良企業に投資マンディリ銀行、バンクセントラルアジア銀行(IDX:BBCA)、テレコムニカシ・インドネシア(IDX:TLKM)、リッポーカラワチ(IDX:LPKR)など、ASEAN諸国の優良企業に投資できます。

現在、他のASEAN諸国同様に、インドネシアでも中間層が増加の一途を辿っており、今やアジアの中では中国・インドに続く経済成長国とも言っても過言ではありません。さらには今後のASEANを牽引するリーダー国とも目されているのです。

INDONESIA STOCK DIVIDENDS
CompanyDividendSector
Bank Mandiri7.92%銀行
United Tractors7.58%建築機械販売
Bank Danamon Indonesia7.53%銀行
PT Hanjaya Mandala Sampoerna7.35%タバコ
Perusahaan Gas Negara6.67%インフラ
Surya Citra Media6.36%メディア
Bank Rakyat Indonesia6.16%銀行
Gudang Garam5.74%タバコ
Astra International5.48%自動車
Bank Negara Indonesia5.03%銀行
Indocement Tunggal Prakarsa4.72%セメント製造
Telekomunikasi Indonesia4.68%通信
Indofood Sukses Makmur3.62%食品
Unilever Indonesia2.91%一般消費財
Bank Central Asia2.15%銀行

インドネシアでは大手企業でも配当利回りの高い銘柄が多数あります。2020年4月30日の結果では大手の平均は約4%となり、配当利回りの上位はマンディリ銀行、ユナイテッドトラクター、ダナモン銀行となりました。